社畜だけど時々ライター、うっちー(32歳独身)のブログ

豊島区池袋在住、32歳独身サラリーマンのうっちーです。仕事、保険、音楽、読書について、気ままに書いています。

【祝100記事目】初心者ブロガーが雑記ブログ100記事書いて気づいた7つのこと

f:id:uchi33:20170720123848p:plain

祝・ブログ開始100日目&100記事目!

今年2017年4月に始めたこのブログも、今日で100日目!
そして、この記事が100記事目の投稿となります。
ほぼ1日1記事更新を続け、1つの目標であった『100記事』のブログに到達することができました~!
 
(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!
 
まずは、
読者になってくれた皆さん
ブックマークやスターを付けてくださった皆さん
コメントをくれた皆さん
興味を持ってクリックしてくださった皆さん
広告をクリックしてくださった皆さん
お父さん、お母さん(?)
…本当にありがとうございます(´▽`*)
 
ブログのタイトルの通り、私は、社畜です。
プライベートな時間も休日も、会社組織に捧げる身。
毎日2、3時間パソコンに向かいブログを書くのは、ちょっとしんどかったです。
 
しかし、こんな弱小雑記ブログでも、100日間ほぼ毎日ブログ更新を続けていると様々な気づきや喜びがありました。
 
例えば、
思った以上に早く月間1万PV達成して、“お、オレ才能あるかも!?”なんてちょっと嬉しくなったり
はじめてバズった時は、“これを機に、大物ブロガーになっちゃうのか?”という一瞬の儚い希望に胸を躍らせたり
先輩ブロガーさんに絡んでもらえて嬉しかったり
…どれも初めての経験で、なんだかとても新鮮な気持ちになれました。
 
逆に、
読んで欲しいと思う記事ほど全然読まれなかったり
先輩アフィリエイターから、厳しい指摘をいただいたり
見ず知らず人間の日記なんてそもそも誰も読まないよなぁと凹んだり
…思うようにいかないこともたくさんありました。
 
それでも、
『1日1記事を100日続けると、次のステージに行ける』
いつかどこかで聞いたこの言葉を信じひた走り続け、ようやく今日を迎えることができました。
 
という訳で、100記事目の今回は、1つの節目ということで、これまで100日間、(ほぼ)毎日ブログ記事を書いて気づいたことを書きたいと思います。
 
 
 

初心者ブロガーが雑記ブログ100記事書いて気づいた7つのこと

 

(1)記事作成は、思ったよりも時間がかかる

私は、もともとライターとしてweb記事を書いていたので、書く作業は苦ではないと思っていました。しかし、実際に費やしていた時間は、1日3時間程度。仕事帰りに、パソコンを立ち上げてゼロから記事を考えることもありました。
 
「出来る範囲で、時間の制限の中で書ける記事を書けばいい」
そんな言葉に救われながらも、最終的には、毎回2~3,000字を書いてしまうこの悲しい性分。それに加え、キャッチとなる画像を加工したりすると、最低でも毎回2時間はかかってしまいます。
 
これを毎日継続できた1番の理由は、私が独身で「暇だから」(仕事以外にやることが何もない)という理由に過ぎません。
独身、万歳(/・ω・)/暇人、万歳(/・ω・)/
逆に、ブログ書く前は、他に何に時間を費やしてきたんだろうって感じですよね。
 
記事を書くのが早くなるに越したことはありませんが、100記事書いても、なかなかベストなコツみたいなのものは掴めていません。
まぁ、でもそれもそのはず。
そもそも、プロブロガーという方たちは、圧倒的に書いている量が違います。
あのイケダハヤトさんは、多い時は1日で12記事も書いたことがあるそうですし、最低でも4記事を書けと言います。初心者は、まだまだ量が足りないってことですな。
 

 

(2)PV数には、一喜一憂しちゃうよね

よく「ゴールを見失うな」と言いますが、ブログを始める人は、ことごとくPV数に一喜一憂しています。何を隠そう私もその1人です(笑)。ブログを始めて以来、私はもう仕事中でもブログのアクセス数を気にしまくっています。

 

ちなみに、今日までトータルアクセス数は、23965PV。
1日に換算すると、約240PV/日です。
先月は、思ったよりも早く月1万PVに達してとても嬉しかったのですが、今月はペースダウンしているので落ち込んでいますw

 

しかし、大切なのは、ブログの1番の目的は何か?ということ。
私は、小銭稼ぎを目的にこのブログを始めましたが、マネタイズに関しては現時点でさっぱりです。PV数に毎日一喜一憂しているせいで、ブログを始めたきっかけすら見失ってしまうこともあります。

 

他人と比べて一喜一憂しないこと。
私が目標としているサラリーマンブロガー・タシテクさんの記事ですのでご参考にしています。

tashiteku.com

 

(3)マネタイズはやっぱ難しいよね

小銭稼ぎは、私がブログを始めたきっかけでもあります。
しかし、100日間での収益は、5,103円。これは、Googleアドセンスのみの収益です。
ベタにAmazonアソシエイトや、バリューコマースなどのASPなどもやっていますが、そちらはサッパリです。
 
もちろん目標は、月5万、10万、ゆくゆくは100万!というところを目指していきたいと思っています。が、実際100記事書いてみて感じたことは、“このままじゃ100%達成しない”ということ。やり方や考え方を変えなければ、そう簡単にマネタイズはできないことを実感しました。
 
実際、アフィリエイトで月5千円以上稼いでいる人は、全体の2割。3万円以上になると、全体の2、3%になるそうです。ですから、速攻で小銭稼ぎがしたいなら、アフィリエイトはあまりオススメしません。
実際、このような私でも、「ライター」であれば月3万円くらいであればそこそこ簡単に稼げます。

初心者ブロガーの方で、早く小銭を稼いでみたいという人は、ぜひクラウドワークスなどに登録してweb記事を書いてみてください。
↓こちらは、私の副業ライター時代について書いた記事です。

www.uchiblog.com

(4)毎日書いているとネタには困るよね

月並みですけど、これは誰もがぶつかる壁だと思います。
私の場合は、できるだけ休日の間に、1週間分のネタと記事概要を頭の中でまとめておくように意識していました。

とは言うものの、休日出勤も厭わない社畜の私ですので、そんな余裕はブログのネタがポンポン浮かぶ最初のうち。仕事終わりに深夜に帰宅してから、パソコンを立ち上げ、そこから1時間ほど悩みネタを考えるようなこともありました。
 
・会社の仕事を早く終えて、ネタを考える時間があれば…
・でも、仕事は好きだし、出世もしたい…
・こうやって気合を入れて始めたブログも適当になっていくのか…
・まさに、オレは社畜だな…
 
そんなことを考えることもありましたが、そもそも私のブログタイトルには「社畜」というキーワード。“それなら日々の仕事の出来事も、ブログのネタにしてしまえ!”と思い、仕事をしながらブログネタを考えられるという状態になりました。
(ま、それでも出てこない時は出てこないけど)
 
↓これは、カリスマ・ヒトデさんのネタに関する記事です。ぜひ参考にしてみてください。

これでブログのネタ切れ知らず!ヒトデ祭りが教える記事ネタの考え方!

 

(5)ただ書いているだけじゃ、意味ないよね

100記事書いて気づいたのは、ただ毎日漫然と記事を書いているだけではアクセスは上がらないということです。私は、とにかく100記事書くことを当面の指標にしていたので、一方で全然取り組めていないこともたくさんあります。例えば、SEO対策デザインは、ほとんど気にすることができていません。マネタイズにもこだわっていませんでした。ただ目の前のことに精一杯になってしまう、私の悪い“社畜癖”が出てしまいました。
 
最初のうちは、どんどん知識も増えていくので、新しいことを試してみようという気持ちになるのですが、3か月を過ぎた辺りからマンネリのようなものが生まれたり、新たな知識を勉強する余裕がなくなってしまい、ただただ記事をアップする作業になってしまうのです。
 
一方、私とほぼ同期のブロガー・ちひちひろさんのブログは、デザインもとっても同期とは思えないすごい進化を遂げています。ブログを始めた時期は、ちひちひろさんの方が5日ほど先輩。良い意味でいい刺激になる存在です。

www.1nichi1ppo.com

 

 

(6)雑記ブログって、不安になることも多いよね

私がブログで書いているジャンルは、「仕事」、「就職」、「転職」、「音楽」、「池袋」、「ブログ運営」など…いわゆる雑記ブログです。
雑記ブログは、特化したテーマに比べると、ニーズも薄いので成果が出に行くい…つまりお金になりにくいと言われています。
アクセスが伸び悩んだり、収益が全然増えないと“本当にそうなのかも…”なんて思うこともあります。
 
しかし、雑記ブログは、ジャンルを制限しない分、継続しやすいというメリットもあります。それに稼げないとは言っても、ある程度まではいけるはず。
 
「雑記ブログでいい。そのうち専門性が出てくる」
 
ブログらふらくを運営するタクスズキさんの著書『副業ブログで月35万稼げるアフィリエイト』にもそのように書いてあります。
 
実際、私のブログは、最初は、「音楽業界」「保険」「池袋」など、なんだかゴチャゴチャしたテーマのまさに雑記でした。そんなある日、私の元上司&人生のメンター(&アフィリエイター)から「ブログタイトルと記事コンテンツがめちゃくちゃ」という指摘を受け、最近では、ほぼ「社畜的」視点を忘れないように記事を書くようにしています。

というより、「社畜」こそ、私の生活そのものなので、とっても記事が書きやすくなったと言っても過言ではありません。これからブログを始めるけどそんなに書けるジャンルがないと言う方は、まずは雑記ブログから初めて良いのです。
 
 

(7)でも、ブログを書くことは楽しいよ!!

ということで、100記事を達成しても、まだまだ道半ばの状態。
というより、100記事書いて、ようやくスタートラインに立ったというレベルでしょうか。
しかしこの約100日の間でも、ブログを始めて楽しいことはたくさんありました。

記事がバズってワクワクしたり
ブログで紹介したお店に、「今度行きたいと思います!」とか「行ってきました!」というコメントをもらったり
「いつも楽しくみています」というコメントをもらったり
…他にもたくさん小さな嬉しいことがありました。
 
それからブログを書いていると新しい目標も生まれたりします。
 
私は昔から、ただ漠然と『自分の本を出したい』という夢がありましたが、
ブログを通して、この夢を実現したいと強く思うようになりました。
ブログは書籍化といった可能性を秘めているので、夢は大きく持ちたいと思います。
 
 

100記事の次は、400記事だ!

今回は、100記事記念ということで、これまでの気づきを書きました。
 
結論、100記事書いても、想像していたような大きな変化はありませんでした。
欲しかったものは、まだ何も手に入れていません。
しかし、その分、とっても謙虚な気持ちになることができました。
 
次の目標は…
 
「400記事」
 
当面は、これを目標にします。
 
根拠は、私がブログを始めるきっかけとなった本の著者タクスズキ氏のこのブログ記事。

laugh-raku.com

 

 
やっぱ、最初は「量」なんだよね。

量質転化…社畜の私も、大好きな言葉です。
 
やっぱ仕事も最初は「量」だと思っています。
それがいつか「質」に変わる!
だから、残業もやめられなんだよな~(´▽`*)
 
…という訳で、最後まで読んでくださった皆さん、ありがとうございます。
今後とも宜しくお願いいたします!