社畜だけど時々ライター、うっちー(32歳独身)のブログ

豊島区池袋在住、32歳独身サラリーマンのうっちーです。仕事、保険、音楽、読書について、気ままに書いています。

社畜上司はダメ上司 ~他人に任せられない人の3つの特徴~

こんにちは、社畜ブロガーのうっちーです。
 
6月もあっという間に終わり、会社でいう第1四半期が終了しました。
7月は新たな期のスタートですが、さっそく毎日残業&土日出勤と、社畜として順調なスタートを切ることができています。
ありがとうございます。(←何が?)
 
今回は、真面目に(?)第1四半期の振り返りでも。
 

 

社畜上司はダメ上司

4月は新たなプロジェクトのリーダーを担当することに。
新たな仲間も増え、色々と指示を出せる立場となったのでした。
 
後輩が馬車馬のように働いてくれれば、オレもいよいよ社畜から卒業か…
 
しかし、それは幻に…。
 
すぐに「後輩指導」や「人材育成」の難しさに直面したのでした。
 
 
4月から自分の課に新たに配属されたメンバーは2名。
 
1人は、入社年次が近い20代半ばの男子。
テキパキ働き、従順そうな姿勢が見込まれ、上司の配慮によって私の直下にやって来ました。
おそらく本人もその覚悟で来たはず。
 
まずは、私自身が先輩としての背中を見せよう!という想いで頑張っていたのですが、
同僚から、いつの間にか、実は、その後輩くんに自分が嫌われていたことを聞かされます。
とにかく毎日残業したり、休日出社をしたり、モチベーション高くバリバリ働く自分とは、仕事をぶりを比較されたり、残業しなきゃいけない空気に巻き込まれるから、一緒に働きたくない」とのこと。ふ~ん、あっそ。
↓その時のエピソードはこちら。

もう1人は、22歳、ピカピカの新卒男子くん。
彼は、研修期間を終え、5月の中頃から合流。
…まぁ、新卒の育成って大変ですね。(これは、また今度ゆっくりブログに書きます)
 
 
そんなこんなで、いつの間にかどんどん自分で仕事を抱えるようになっていきました。
 
 
そして、私はいつの間にか、こんなことを考えるようになっていました。
 

f:id:uchi33:20170707224845p:plain

 
 

f:id:uchi33:20170707225134p:plain

 

…はい、“イタいサラリーマン名言集”があれば、ぜひそこへ加えていただきたいと思います。
 
このような立派な名言を残せるほど、私は、いつの間にかダメ上司となり、再び社畜生活を歩み始めたのでした。
 
めでたし、めでたし。
 
って違うか。
 
 

「他人に任せられない人」の3つの特徴

他人に仕事を任せることができず、自分で抱えてしまう上司の特徴は、以下の3つ。
 
(1)「人間の能力や使える時間は有限である」ことが分かっていない。
(2)部下の仕事が「60点」では納得できない。
(3)判断のスピードが遅い
 
これは、私の好きなビジネスリーダー、ライフネット生命会長の出口治明氏の著書
『部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書』
に書いてある一節です。
 

 
それぞれ、解説していきましょう。
 
まず、(1)「人間の能力や使える時間は有限である」ことが分かっていない。
 
⇒ “自分1人でできる”と過信してしまい、誰かに任せよう、協力してもらおうということが下手な人のことです。
社畜の人にも当てはまりますが、「自分がちょっと頑張れば」と思ってしまうんですよね。そんなチリがいつか山となってしまい、残業や休日出勤でカバーしてしまう。
自分は頑張っている姿を見せているつもりでも、先輩として、上司として、最近ではあまりこのようなタイプは流行らないようです。
 
次に、(2)部下の仕事が「60点」では納得できない。
 
⇒これは、「60点」ところがミソだと思います。70点ではなく、「60点」。
上司として、合格か不合格かの境目で妥協してあげるって難しいですけど、そこを割り切れるかどうか。これができないから、「自分がやったほうが早い」と、どんどんハマっていってしまうんですよね。
先輩として、上司として大切なのは、みんなに60点をとらせて、そこから、80点をとる力を育成していくこと。日本にはプレイングマネージャーが多いと言われているようですが、プレイヤーとしての能力とマネージャーとして能力は別。
マネージャーとしての力をつけなければ、社畜は社畜のままだぞ!ってことですね。
 

そして、(3)判断のスピードが遅い
 
⇒ダメ上司は、後輩や同僚に任せるという選択肢が後回しにになってしまい、自分でできるだろうと一旦は自分で抱え、あとから焦りだすけど、その時にはすでに遅し…ってことが多いのです。
社畜上司の私が言い訳をするとしたら、忙しくて、わざわざ色んな人にお願いする暇がないんです!…ってこれがいけないんだよな~。
 

 

第2四半期の目標

まぁ、過去を嘆いても仕方ありません。
 
大切なのは、過去に学ぶことです。
 
反省を生かして、これからの目標を立てましょう
 
↓ ↓ ↓
 
 
【7月~9月の第2四半期の目標】
 
 
後輩/部下に権限を与え、口出しをしない。
 
 
新卒くんが、しっかりと報連相できるように、自分から報連相をする。
 
 
夏、会社の気になる女の子をご飯に誘う。
 
お?
 
 
彼女を作る。
 
え?
 
 
 
ブログで月5千円収入を得る
 
 
…ってアレ!?
 
 
違うか。
 
 
 
 
ということで、
今夜は会社のパソコンからの投稿でした(・∀・)