社畜だけど時々ライター、うっちー(32歳独身)のブログ

豊島区池袋在住、32歳独身サラリーマンのうっちーです。仕事、保険、音楽、読書について、気ままに書いています。

全盛期の小室哲哉は「社畜」だったと思う

こんにちは、社畜ブロガーのうっちーです。
今回は、私が社畜になった原点である「小室哲哉」さんについてお話します。
というか、小室哲哉ファンのただの日記ですw

 

「テレ東音楽祭2017」にglobe出演

f:id:uchi33:20170629121230p:plain

6/28(水)にテレビ放送された『テレ東音楽祭 2017』では、globeの小室哲哉さんとマークパンサーさん、そして元SPEEDの島袋寛子さんが一夜限りのコラボレーションをして話題となりました。披露されたのは、大ヒット曲「FACE」と「Precious Memories」の2曲。島袋さんの高いパフォーマンスはもちろんのこと、意外な選曲に驚いた方も多いのではないでしょうか。
 
「FACE」が発売されたのは1997年、「Precious Memories」が収録された彼らの1stアルバム『globe』は1996年の発売です。
あれからもう20年以上が経っているなんて!…なんだか信じられないですね。
うっちーは、当時小学5、6年生で、歌詞の意味なんか分かるはずもありません。
音楽のカッコよさだけでファンになった訳ですが、あらためて彼らの音楽は本当に色褪せない名曲だなぁとしみじみしてしまいました。
 
特に2曲目に披露された「Precious Memories」は、大人になった女性がふと学生時代を懐かしむ切ないバラード曲。アルバム収録曲ですが、ファンの間では隠れた名曲として発売された当時からとっても人気の高い曲です。
この曲の歌詞、メロディ、そしてKEIKOさんのハスキーな声が、沁みるんですよねぇ…。
 
『懐かしくても 会えずに
 どこにいるかも 理解らずに
 偶然 街ですれ違っても
 気付かずに お互いの道を目指してる』
 
当時小学生だったうっちーも、もうその頃の友人たちとほとんど会うことはありません。この曲を今聴くと、学生時代が思い出され余計に切なくなってしまいますね。
先日ローカル番組に出演した小室さん自身も、この曲について“アルバムを買った時の年齢よりも、今の方が歌詞が入ってくる”とコメントしていました。
 
本当に音楽の力ってすごいなぁと思うんですが、特に小室さんの曲は、今聴いても最高の曲、つまり神曲が多いなとあらためて思いました。

 

 

全盛期の小室哲哉は社畜だったと思う

f:id:uchi33:20170629121835j:plain

 
今回披露された2曲が発売された96年、97年は、まさに小室哲哉さんの絶頂期でした。
 
当時、うっちーは、典型的(?)な小室哲哉ファミリー信者
trf、H Jungle、安室奈美恵、globe、華原朋美、dos、鈴木あみ、大賀埜々、thoko…(知ってるかな?)…彼らが出ているテレビや雑誌を欠かさず見ていました。
また、小室さん冠の深夜番組『kom@com』、『TK SPARK COM』、『哲兄さん』は毎週ビデオに録画して何回も見ていました。
 
個人的には、1997年3月深夜に放送された『TK globeの裏側~4大ドームを駆け抜けたモンスター・ユニットの素顔~』という番組が、子供ながらに強烈な衝撃を受けました。この番組は、当時日本で1番のCDセールスを誇り勢いに乗っていたglobeが、日本のアーティストで初めての4大ドームツアーに臨む制作現場の裏側を映したドキュメンタリー番組です。
 
番組の中では、小室さんが深夜に1人でホテルに缶詰めになって作詞をしたり、その後もさらにスタジオに向かってレコーディングをしたり…今でいう社畜とも言える仕事人間としての裏側を垣間見ることができました。ナレーションの風間杜夫さんが「朝からの過密スケジュールをこなしながらも小室哲哉の1日はまだ終わらない。いや、終われないのだ。」という言葉に、なんとも言えないカッコよさを感じたのでした。
また、ライブを終えた小室さんが、スタッフさんたちに“今日は自信持って、寝てもいいんじゃないかと”と、ライブの出来栄えに対して労いの声を掛けていたのも印象的でした。
 
今考えてみると、この小室さんの“夜を徹して働く姿”にうっちーは憧れるようになり、社畜人間としてのルーツが出来上がったように思います。(その10年後、レコード会社に勤務することになったうっちーは、晴れて夜を徹して働くという憧れの生活を手に入れたのでしたが…)
 
不眠不休で社畜的に働いていた当時の小室さんは、1年で90曲、4日に1曲ペースで作っていたと言います。
しかし、出す曲出す曲がミリオンセラー。
とんでもない「生産性」な訳で、まぁ社畜ではないのですが。

ちなみに、わりと最近のインタビューで小室さんは、「睡眠時間は3~4時間」と答えていました。
“またヒット曲を出したい”とますます意欲的に働く最近の小室さんですが、そんな小室さんも今年で59歳(!)。あと1年で還暦です。
本当に、これからも健康には気をつけて欲しいものです。

今年は、「Get Wild」が話題になりましたし、小室さんもNHKの番組に出ることも多いので、年末はTM NETWORKとして紅白出場してくれないかなぁ…と秘かに期待しています。