社畜だけど時々ライター、うっちー(32歳独身)のブログ

豊島区池袋在住、32歳独身サラリーマンのうっちーです。仕事、保険、音楽、読書について、気ままに書いています。

私が“社畜”を名乗る理由

私が“社畜”を名乗る理由

f:id:uchi33:20170607124214p:plain

 
こんにちは、社畜ブロガーのうっちーです。
 
私は、自分のことを社畜と名乗っています。
会社では、「うっちーは、よくそんなに働くねぇ」なんて上司や同僚に言われれば「社畜なので!」と説明しますし、このブログでは、“社畜ブロガー”といつの間にか自分のことを名乗るようになりました。
 
「社畜」という言葉は、私個人の中では、
仕事好き
でも、バリバリ仕事をしてキラキラ輝いているという…よりは、地味にコツコツ仕事をしている
自分の時間を仕事のために犠牲にして、プライベートが充実していない
 
…このような「社畜」のイメージが、自分にピッタリだなと思っているので、ここ数年、自身を表現する便利な言葉として使っています。
そのため、正直、そこまで卑屈には感じていません。
 
実際、レコード会社時代は、24時間、土日も休みなく働くこともありましたが、決して卑屈に感じることはありませんでした。
プライベートは犠牲にしていましたが、その分、自分が関わっている仕事がテレビや雑誌に載ったり、有名アーティストと同じ空間で仕事ができているという充実感がありました。さらに、私はミーハーだったので、仕事で私利私欲を満たすことができたとさえ感じています。
 
だから、社畜は、社畜なりに幸せなんだ…と私は考えています。
 
 

社畜のオレだって、自由な働き方はカッコいいと思うよ

f:id:uchi33:20170607124650p:plain

 
社畜は、社畜なりに幸せ。
 
しかし、世間では「社畜」をポジティブなものとして捉えられることはありません。
 
自分の一度きりの人生を充実させられない不器用な人間
組織なんかの言いなりになって、自分の意思で働いていない思考停止したバカ
出世できない雑魚
 
…このような存在になるくらいなら
「会社を辞めた方がまし」
「死んだ方がまし」
とバッシングされることさえもあります。
 
最近の若手社員は、“定時で帰宅してプライベートな時間を大切しなければいけない”という謎の正義感を持っているようですし、残業を強制するような会社は「ブラック」として批判されてしまいます。
 
また、最近では、「自由な働き方」を尊重する風がどんどん強まっています。
ネットで時間や場所に捕らわれず稼いだり、フリーランス、ノマドという肩書がカッコいいというイメージがあるようですが、堀江貴文氏、ブロガーのイケダハヤト氏などがその代表でしょう。
 
そういう人たちは自分という個人の存在を確立していますので、堂々と意見を主張し、大きなお金も稼いでいますので、たしかにカッコいいと私も思います。
もちろん、サラリーマンとして生産性を上げることが大切なのは社畜だって理解しています。
 
 
しかし!
 
世間の社畜批判
メディアが作り上げた社畜像
 
によって、社畜よりも、さらに不幸になっている人がいることを忘れてはいけません。
 
 

社畜だって、悪なくいと思うぜ

 

f:id:uchi33:20170607125208p:plain

 
「社畜にはなってはいけない」という世の中が作りあげた考え方によって、不幸になる人たちがいること忘れてはいけません。
 
それは、
主に20代前半の自称フリーランス
転職を繰り返し年収の上がらない30代前後のサラリーマン
たちのことです。
 
 
まず、自称フリーランスとは、簡単に言うとニートのことです。
自由な働き方をしよう!ネットで稼ごうというキラキラ輝くメディアに影響を受け、その道に中途半端に足を踏み入れてしまい、成果が出ず、ほぼニート生活をしている人たちが世の中にはたくさんいます。
 
具体的には、「ブロガー」「アフィリエイター」「フリ―ライター」などの職業の響きの良さだけに憧れ、実際にはコンビニなど普通のアルバイトをして生計を立て、SNSや対外的には「フリーランス」を名乗る…それが、自称フリーランスです。
 
私は、そういう若者たちを、本当に心から気の毒に思います。
結局、毎日メディアに踊らされてるだけで、フリーランスの旨みを味わうことなく、不便で、代り映えのない、窮屈な生活を送っているだけですからね。
それを誤魔化すために、自分のことを“フリーランス”と呼ぶのは、誰から見ても虚しさ極まりありません。
 
 
 
また、若手サラリーマンの中には、「この会社はブラック」「社畜はダサい」と言って、残業の多さや給料の低さを理由に転職をしていく人たちがいます。
しかし、そういう人に限って、仕事ができなかったり、評価が低かったり、他人に迷惑をかけたりするタイプの人間という可能性が高いので、転職先でもうまくいきません。
そして、転職を繰り返すのです。
 
 
 
しかし!
 
 
 
社畜は、会社のポジションが安定していますし、信頼度も高いです。
給料も、エリートサラリーマンのようにどんどん上がることはありませんが、下がることもありません。
 
また、残業代を稼いでいるラッキーな社畜も世の中には存在します。
最近では、サラリーマンの副業ブームが来ていますが、残業ほど、簡単な副業はありませんw
 
もちろん、
自分のスキルを磨かない
他人に迷惑をかける(仕事が遅い、余計な残業代の請求をする…等広い意味で)
思考回路が停止している
…そんな状態はよくないですが、
それを除けば、社畜は決して悪い存在ではないと思います。
 
女性だって、
自称フリーランス、転職ばかり繰り返している万年平社員となんか付き合いたくありまません。
だから、社畜は、彼女を作ったり、結婚をして、子供ができて、家を買う事だってできるんです。(彼女ができないとしたら、それは社畜ではなく、別の問題でしょう)
 
 
社畜は、決して不幸な存在ではありません。
 
 
一番不幸なのは、
「社畜は悪!」
「自由な生活がカッコいい!」
というメディアが作り上げたイメージに踊らされ、社畜にもフリーランスになれない中途半端な人たちなのです。
 
だから、私は、社畜を批判しませんし、個人事業主に対しては、リスペクトもしています。
 
自分の価値感を、他人に決められるのが一番の不幸を招くよって話ですね。
 
 
(ちなみに社畜うっちーは、サラリーマンとして成功し、副業でも成功したい…と考えている欲張りな人間ですw)