社畜だけど時々ライター、うっちー(32歳独身)のブログ

豊島区池袋在住、32歳独身サラリーマンのうっちーです。仕事、保険、音楽、読書について、気ままに書いています。

【就活生向け】 レコード会社に入りたいから、ちょっと行ってみた ~青山一丁目 ユニバーサルミュージック編~

就職活動の自己PRでは、「自分がその会社で働いているところをイメージできることが大切」と言われています。
 
・朝起きて家を出る。
・通勤電車に乗る。
・駅を出て会社に到着。
・同僚や上司に挨拶しながら自分のオフィスに入る。
・そして、業務に取り掛かる。
 
…そんな具体的なイメージができていれば、自己PRの際、面接官にもより熱意が伝わりますし、何より自分自身のモチベーションも上がります。
 
また、そういった自身の姿が具体的にイメージできるということは、その会社のことをよく調べているということにも繋がります。つまり、企業研究をしっかりすることで、面接官に響く自己PRができるという訳です。
 
私自身、憧れのレコード会社で働く以前、
その会社の前まで来て、具体的に自分が通勤して会社に入る姿を想像した…
ということもあります。(1年後、入れました)
 
そこで“レコード会社でゼッタイ働きたい”という学生や転職志望者の方にオススメしたいのが、
レコード会社に行ってみる
という方法です。
 
自分が通勤している姿を想像しながらその会社に向かい、憧れのレコード会社の前に実際に立ってみる
…というロールプレイングをしてみるのです。
 
ぜひお試しあれ!

f:id:uchi33:20170506110420j:plain

 

 

【レコ散歩】ユニバーサルミュージック編

レコード会社に散歩してみましょう…それが“レコ散歩”です。

 

今回は、世界最大の音楽企業であるユニバーサルミュージック!

 

f:id:uchi33:20170525214146j:plain

www.universal-music.co.jp

 

 

こちらが外観。

f:id:uchi33:20170525214559j:plain

 

最寄り駅は「青山一丁目」にあります。


ちなみに青山通りは、レコード会社が多い事で、昔から有名です。
ユニバーサルの他にも、昔は、ソニーやエイベックスも青山にありましたし、ちょっと渋谷寄りですが、トイズファクトリーも青山通りにあります。さらに、ビクターも青山の近くですね。(音楽出版社や芸能事務所等も含めたら、音楽関連の会社はもっとあります!)

 

正式名称は、ユニバーサル ミュージック合同会社

全世界60の地域で展開する世界最大の音楽企業 、“ユニバーサル ミュージック グループ”の日本法人です。
 
ソニー、エイベックス、キングレコード、ポニーキャニオンは日本の会社ですが、ユニバーサルは、いわゆる“外資系”のレコード会社。
なんだか、かっこいいですね。

所属アーティストは、椎名林檎、GReeeeN、ドリカム等の有名邦楽アーティストはもちろん、少女時代をはじめとするK-POPアーティストや、洋楽やクラシック、ジャズ等の幅広い音楽ジャンルやターゲット層に向けた音楽を発信しています。
 
やはり海外の企業ということもあり、海外アーティストには強いレコード会社です。
 
音楽情報サイトに、最高経営責任者の方のインタビューが掲載してあります。
こちらもチェックしてみてください。

 

 

ユニバーサルミュージックの新卒採用

ユニバーサルは、若干名ですが毎年新卒採用が行われています。
 
採用ページ

また、毎年インターンシップもあるようです。
 
現在は掲載されていませんが、採用ページには、そのインターンシップ制度(ジョブチャレンジ制度というらしいです)の位置付けについて、
ハッキリと
「適正を見て、ミスマッチを防ぐために実施する」
と明言されていました。
 
つまり、学生にとっては、
インターンシップは、仕事の体験もさせてあげるけど、その代わり仕事ぶりがダメだったら落とすからね!
…と言われているようなものです。
つまり、審査のスタートがインターンからってことですね。

ソニーミュージックやエイベックスが実施しているインターンシップは、参加しなくても採用される方もいるようですが、ユニバーサルは全く逆。
 
音楽業界は、昼夜問わず忙しく体力的にもキツイ仕事です。
人付き合いも盛んです。
全くの未経験の新卒社員が、実際に入社してから「やっぱり無理でした…!」というミスマッチを減らせる訳ですから、合理的な仕組と言えるでしょう。
 
 
音楽業界は、勤務時間も不定期ですし、業務量も多く、理不尽な事も多いかもしれません。
そのことが原因で辞めていく方も少なくありません。
覚悟を持って臨みましょう。

大変な分、がんばったその先には、きっと普通のサラリーマンでは経験できないような、特別な瞬間が待っているはずですから。

f:id:uchi33:20170525222806p:plain