社畜だけど時々ライター、うっちー(32歳独身)のブログ

豊島区池袋在住、32歳独身サラリーマンのうっちーです。仕事、保険、音楽、読書について、気ままに書いています。

【就活生向け】 音楽の知識がなくてもレコード会社に就職できる?

君は、音楽の知識ある?

レコード会社で働きたいなぁ…と思っている学生の皆さん!
 
音楽の知識は、どれくらいありますか?
 
そこら辺にいる学生の皆さんたちに聴いてみましょう。
 

f:id:uchi33:20170518220200j:plain

 
…なるほど。
 
では、その知識、就職に役立つでしょうか?
 
うぅ…と思う方がほとんどではないでしょうか?
 
実は、このように自問自答をして、自分の音楽の知識の少なさに自信をなくしてしまいがちな学生の方は多いです。

そして…

f:id:uchi33:20170518221547p:plain

 

…このように、どうしていいか分からず、結局何もせず、もちろんレコード会社に入社もできないという学生が多いのです。
 
 
レコード会社は高倍率なので、ライバルたちにリードするためにコツコツ勉強をしたいところ。
しかし、大学3年、4年にもなっていきなり音楽についての勉強を始めるなんて「コスパ悪すぎ」ですよね。
しかも、勉強したところで、どこかのレコード会社に1社合格できればいいや…というほど、そんなにレコード会社もある訳ではありません。
 
はたしてレコード会社に就職するためには、音楽の知識は必要なのでしょうか?

 

音楽の知識がなくてもレコード会社に就職できる?

f:id:uchi33:20170518222509p:plain

 
結論から言うと、レコード会社に就職する為に、音楽の知識は、ほぼ必要ありません。
 
音楽プロデューサーなど、ごく一部の職種は、音楽に関する専門的な知識や、機材についての知識が必要な場合もあります。
また、レコード会社だけではなく、音楽業界の職種全体で考えると、エンジニアなどであれば、よりマニアックな知識と経験が必要な職種もあります。
 
しかし、レコード会社の仕事は、意外にも「音」そのものに関わる仕事はほとんどありません。
 
一般企業と同じように、「人事総務」「広報」「経理」「法務」「営業」「企画」「WEB」など、どこの企業にもある職種を募集しています。
他にも、「新人開発」「ファンクラブ運営」など、レコード会社独自の職種などもありますが、「音楽」そのものの理論や知識が必要な職種ではありません。

つまり、レコード会社には、音楽の知識がなくても入れるのです!
学生の皆さんは、音楽の知識がなくても、自信をなくす必要はありません。
 
しかし!逆を返せば、それは、音楽の知識があってもレコード会社に入れる訳ではない…ということを意味します。
 
決して、

f:id:uchi33:20170518220523j:plain

…ということにはならないのです。

 
むむ…厳しいですね。
 
レコード会社に限った話ではありませんが、人気企業に絶対就職できるなんて保障はありません。
その確率をどれだけ上げられるか?ということに尽きます。
もちろん「コネ」を活かすことも、確率を大きく上げる1つの就職活動です。
 
★「コネ」に関する記事は、こちら。

本気でレコード会社に入社したいという方は、自分は音楽の知識がない…など小さなことで悲観せず、とにかく入社のために情報を仕入れることが大切なのです。
 

私と音楽

ちなみに、私は、高校・大学とバンド活動をしていました。
ギターとシンセサイザーに熱中し、音楽の知識も少しはあると思っていました。
まぁ、実際には、音楽の知識っていうか、ただ音楽が好きなだけで、好きなジャンルも狭く、知識はファンとしてのレベル。
理論や音楽ビジネス、著作権、イベントの主催経験など…といった実用的なものは何ひとつ身に着けていなかった訳で。
 
実際にレコード会社で働いてみると、私のバンド経験は全く役に立つことはありませんでした。
唯一役に立ったことと言えば、音楽の編集ソフトで、イベント用の音源を編集したりするくらい。
ましてや、仕事で関わるアーティストやミュージシャンの方たちは、
それを職業としている職人たちですから、自分のクソみたいな知識を晒す気にもなりませんでした。
むしろ、レコード会社時代は、自分がバンドをやっていたことを同僚たちには一切隠していたくらいですw
(それがアーティストへのリスペクトと思っていました)
 
“クリエイティブ”なイメージのある業界ですが、レコード会社のスタッフに求められるのは、その企業との相性や、優秀なビジネスマンとしての資質かあるかどうかという事なのです。

f:id:uchi33:20170518222833p:plain