社畜だけど時々ライター、うっちー(32歳独身)のブログ

豊島区池袋在住、32歳独身サラリーマンのうっちーです。仕事、保険、音楽、読書について、気ままに書いています。

【就活生/転職者向け】 「レコード会社」と「レーベル」の違いって何?

音楽業界に関するちょっとした知識をご紹介します。
音楽業界への就職・転職を目指している方にとっては、正しい知識を身につけて、誤った自己PRなどをしないよう注意が必要です。
 
今回は、よく混同しがちな「レーベル」と「レコード会社」の違いについてご紹介します。

f:id:uchi33:20170513001525p:plain

レーベルとレコード会社の違いとは?

音楽雑誌やテレビ番組などで、「レーベル」という言葉を耳にしたことがあると思います。
 
「所属レーベル」「レーベル移籍」…といった使われ方をする言葉ですが、
この「レーベル」とは、何を指すのでしょうか?
「レーベル」と「レコード会社」とは、どう違うのでしょうか。
 
そもそも「レーベル」とは、
レコード会社の制作部門の中にあるセクションのことです。
 
制作部門の仕事は、音楽そのものを作る部署です。
アーティストと打ち合わせを行い、音楽の方向性を決めて、作詞・作曲の手配、レコーディングを行い、CDジャケット撮影や、ミュージックビデオの制作の段取りを行うのが制作部署の業務内容です。
その制作の一通りの流れを行うチームの単位が「レーベル」なのです。

一般的な会社組織に置き換えると、制作を行う「部署」があり、さらに、その部署が細分化され「課」に分かれますが、その「課」≒「レーベル」と考えると分かりやすいでしょう。
 
「レーベル」は、音楽のジャンル責任者、所属アーティストの芸能プロダクションなどによって分かれることが一般的です。
例えば、J-POPのジャンルの音楽を扱う「課」や、扱う音楽のジャンルに共通点はないが、責任者ごとによって分かれている「課」が、「レーベル」の違いなのです。
 
レコード会社とレーベル関係図 

f:id:uchi33:20170512234709j:plain

 
上記の図のように、レーベルは、基本的に、レコード会社の中にあるもの。
 つまり、「レコード会社」と「レーベル」とは異なるものなのです。
 
 

大手レコード会社のレーベル ~エイベックスやソニーの例~

具体的に、日本国内の大手レコード会社の例を見てみましょう。
 
まずは、エイベックス。
J-POPなど王道のジャンルを扱う「avex trax(エイベックス・トラックス)」や、
クラブ系の音楽を扱う「Rhytnm Zone(リズムゾーン)」などのレーベルがあります。
「avex trax」には、浜崎あゆみやTRFなどが在籍し、「Rhytnm Zone」には、EXILEや倖田來未などが在籍しています。
また、最近では、アイドルを専門に扱う「iDOL Street (アイドルストリート)」というレーベルもあり、SUPER☆GiRLSなどが所属しています。

このように同じ邦楽ですが、音楽のジャンルによってレーベルを分けているケースの代表例です。
もちろん、大前提としてすべてレコード会社は、エイベックスという訳です。
 
エイベックスの中に様々なレーベルがある

f:id:uchi33:20170512235858p:plain

 
また、ソニーは、レコード会社の部門責任者が立ち上げたレーベルである、「エピック」、「キューン」、「デフスター」などがあります。
最近までは、それぞれのレーベルが1つの独立した部門として分社化していましたが、現在では、ひとつの制作部門に統合され、その中に、各レーベルがある形態になっています。
 
音楽のジャンルごとにチームを分けることで、そのチームに、プロモーションの方法や広告媒体の選定などのマーケティング情報、ノウハウも蓄積していきます。
 
また、アーティストが所属する芸能事務所ごとにチームを分ければ、芸能事務所との連携がスムーズになります。
レーベルの分け方には、業務の効率化というメリットもあるのです。
 

「レーベル」のもう1つの意味

ちなみに、レコード会社では、「レーベル」という言葉を、もう1つ別の意味で使用する場合があります。
 
それは、「CDの盤面」のことです。
 
そう、みなさんが普段CDを手にとって、CDプレイヤーに入れる時にいつも見ている盤面のことです。

ちなみに、ウラ面は、CDの情報を読み取る部分ですね。
最近では、CDを購入する機会がめっきり減ってしまいましたがが、ウラ面が汚れたり傷ついたりしないように気をつけたものです。
 
オモテ面には、色がついていたり、絵がデザインされていたりしますが、あの部分を表す言葉も「レーベル」なのです。

特別仕様になっているCDレーベルのことを「ピクチャーレーベル仕様」なんて呼んだりしますが、初回限定版として制作し購入を促したりしたものです。
レコード会社のCDの制作の過程では、たまに“レーベル面の仕様は、どうしようか?”といった議論がなされます。
あの盤面のデザインや質感にこだわれば、当然、CDの制作の費用も高くなってくるのです。

歴史を辿ると、レコードのオモテ面に、アーティストやレコード会社の情報が記載した「ラベル(label)」シールが貼られていたため、転じて、今回のテーマである「レーベル(label)」を指す言葉として使われていった背景があるようです。
 
ピクチャー レーベルの例

f:id:uchi33:20170513000344j:plain

フェアリーズ:ニューシングル「光の果てに」

http://www.rising-pro.jp/artist/fairies/news/130505_1.html

 


以上が、レコード会社で使われる「レーベル」の意味です。

就職活動や転職活動をする上で、この知識が皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

f:id:uchi33:20170513001651j:plain