社畜だけど時々ライター、うっちー(32歳独身)のブログ

豊島区池袋在住、32歳独身サラリーマンのうっちーです。仕事、保険、音楽、読書について、気ままに書いています。

【パワポでモテる!】パワーポイント上達術 ~今日からできる正しいデザインのパクり方の技術~

企画書作成やパワーポイントに関する知識やテクニックを紹介していきます!
パワポをマスターして、モテるビジネスマンを目指しましょう!

f:id:uchi33:20170417221846j:plain

 
今回は、資料作成において、重要なポイントの1つであるデザインについてお話したいと思います。
 

アホな上司も騙せる!?パワポ資料のデザインの重要性

パワポの腕の見せ所の1つが、資料の見栄えの良さです。
 
資料のデザインがよければ「センスがいい」と褒められる可能性が高くなります。
あなたの上司がアホな上司であれば、仮に中身スカスカの資料でも
「いい資料じゃないか~、ありがとう!」と絶賛してもらえるでしょう。

f:id:uchi33:20170511115435j:plain

 
同僚の女性たちからも「すご~い♥」なんて言われます(ゼッタイ!)

f:id:uchi33:20170511115242j:plain

 
 
しかし、このデザインこそ、忙しいサラリーマンを悩ませる要素の1つなんですよね。
 
“昼間からパワポで資料作ってるけど、全然進まない…”
“誰に聞けば、キレイな資料が作れるんだろう…”
“俺が考える企画だから、他に人にはアドバイスもらえない…”
 
そんな資料作成の悩みを解決するのが、パクる技術です。
 
今回は、パワポで資料を作る際に、今日からできる「正しいパクり方の技術」をお伝えします!
 


今日からできる!資料作成、正しいデザインのパクり方の技術

資料作成を上達させたいのであれば、やはり、まずは“良い資料に触れる”ということが大切です。
 
よくパワポ上達のための書籍などが販売されていますが、私は、おすすめしません。
実践的なようで、ムダなことがたくさん書いてあります。
一番最悪なのは、パワポの操作方法ばかり書いてあったり、文字ばっかりで説明してあるものです。それでは、資料の見栄えをよくするためには不十分です。

今まで資料作成の本を買ったけど、気休め程度で、あまり意味がなかった…
という方は、これから紹介する“パクる技術”を身に着けてください。
 

f:id:uchi33:20170511120113p:plain


(1)誰かが作ったよさげな資料を保存しておく
 
センスのよい資料を安定的に作成できるようになるには、日頃から意識することが欠かせません。
 
会社には、誰か一人くらいは、資料を作成するのが上手な人がいるものです。
ぜひその人がこれまで作成してきた資料をもらったり、会議などで誰が作ったか分からないけど“なんかいい感じだな”と思った資料は、ぜひストックしておきましょう。
PCのフォルダにどんどん使えそうな資料をため込み、ここぞという時にそれらをパクって使用するのです。
 
 
(2)ネットで検索する

「企画書」「デザイン」「フォーマット」といったキーワードを組み合わせて
yahooやGoogleで画像検索をしてみましょう。
 
そうすると、
↓こんな感じで、ヒントとなる画像を直観的に探す事ができるのです。

f:id:uchi33:20170511114631j:plain

 
世の中に出ているパワーポイントや資料作成の「本」から学ぶ事が難しいのは、画像が少なく文字での説明が多いという点です。しかも、あくまでサンプル的なフォーマットで、数やパターンが少なく、全然実践向けじゃなかったりする事が多いです。
 
一方、インターネットの画像検索では、数多くのデザインを見つける事ができますし、実際の資料が掲載されている場合も多くありますからね。
 
 
(3)雑誌を立ち読みして、よさげな図解デザインを見つける
 
時間があれば、本屋さんにいって、雑誌をパラパラめくりましょう。
雑誌などを見ると、図表やグラフ、文字と画像のバランスなど、とてもキレイに分かりやすくレイアウトやデザイン化されていることが分かるかと思います。
 
昔何かの本で、企画書作成のプロ『Think!』という雑誌に掲載されている図解デザインが、とてもセンスがあってキレイで使える…と紹介されたのを覚えています。
 
それこそ、雑誌でなくも、図表、レイアウト、字体、色使いなどのセンスが現れているものは、世の中にたくさんあります。ちょっとしたチラシの見出しでも、資料作成のヒントになったりするので、意識的に見ることをおすすめします。
 
ちなみに、Think!は、こんな雑誌です。

 
 
いかがでしょうか?
 
私は、これまでたくさんの資料をパワーポイントで資料を作成してきました。
直属の上司だけでなく、会社の役員や社長がプレゼンで使用する資料を作成したこともあります。 
 
自分のセンスなんて、二の次。
 
他人の良いものをパクり続ければ、そのうち自分のセンスとして身につくのです。

f:id:uchi33:20170412223813j:plain