社畜だけど時々ライター、うっちー(32歳独身)のブログ

豊島区池袋在住、32歳独身サラリーマンのうっちーです。仕事、保険、音楽、読書について、気ままに書いています。

【就活生向け】 レコード会社に入りたいから、ちょっと行ってみた ~キングレコード編~

就職活動の自己PRでは、「自分がその会社で働いているところをイメージできることが大切」と言われています。
 
・朝起きて家を出る。
・通勤電車に乗る。
・駅を出て会社に到着。
・同僚や上司に挨拶しながら自分のオフィスに入る。
・そして、業務に取り掛かる。
 
…そんな具体的なイメージができていれば、自己PRの際、面接官にもより熱意が伝わりますし、何より自分自身のモチベーションも上がります。
 
また、そういった自身の姿が具体的にイメージできるということは、その会社のことをよく調べているということにも繋がります。つまり、企業研究をしっかりすることで、面接官に響く自己PRができるという訳です。
 
私自身、憧れのレコード会社で働く以前、
その会社の前まで来て、具体的に自分が通勤して会社に入る姿を想像した…
ということもあります。(1年後、入れました)
 
そこで“レコード会社でゼッタイ働きたい”という学生や転職志望者の方にオススメしたいのが、
レコード会社に行ってみる
という方法です。
 
自分が通勤している姿を想像しながらその会社に向かい、憧れのレコード会社の前に実際に立ってみる
…というロールプレイングをしてみるのです。
 
ぜひお試しあれ!

f:id:uchi33:20170506110420j:plain

 

【レコ散歩】キングレコード編

レコード会社に散歩してみましょう…それが“レコ散歩”です
 
今回ご紹介するのは、キングレコード
 

キングレコードと言えば、
AKB48ももクロ水樹奈々など、
近年、日本が世界に誇るポップカルチャーの代表的アーティストたちを擁するレコード会社です。

AKB48総選挙公式ガイドブック2017 (講談社 MOOK)

AKB48総選挙公式ガイドブック2017 (講談社 MOOK)

 
NANA MIZUKI LIVE PARK × MTV Unplugged: Nana Mizuki [Blu-ray]

NANA MIZUKI LIVE PARK × MTV Unplugged: Nana Mizuki [Blu-ray]

 

 

そんなキングレコードは、江戸川橋にあります。
地下鉄有楽町線『江戸川橋』駅のa1出口を出て、少し歩いたところにあります。
 
橋を越え…

f:id:uchi33:20170506105224p:plain

 
江戸川公園を横切ると…

f:id:uchi33:20170506105247p:plain


…反対側に、ありました!

f:id:uchi33:20170506105319j:plain

 
 

キングレコードの新卒採用

すでに今年の募集は終わっていますが、これが2018年卒向けの採用ページです。

KING RECORDS OFFICIAL SITE >

 
 
この会社の採用制度の大きなポイントは、
入社から1年間は試用期間として、準社員(契約社員)として働き、その後、適性判断の上、正社員になるという制度です。
 
要するに、すぐには正社員とはしないということです。
まるでAKB48の研究生の制度みたいですね笑。
キングレコードは、近年ずっとこの方式を採っています。
 
こういったフィルターをかけることで、本気でこの業界で頑張ろうという人に対象を絞る事ができ(エントリー数を減らす事ができ)、入社後のミスマッチも解消できるので、企業にとっては合理的と言えるのではないでしょうか。
 
また、本気でキングレコード会社で働きたい!レコード会社で働きたい!と考えている人にとっても、悪くはない制度です。当然、たいていの学生は、「新卒の会社では、正社員じゃなきゃ嫌だ」と考えるもの。本気でこの業界を目指していない方が、この段階でエントリーを諦めてくれる可能性もあります。
 
しかし、このような独自の入社制度を取り入れても、応募が殺到するのがレコード会社。
この業界が狭き門と言われている理由は、レコード会社自体が少なく、大手とはいえ人数規模が小さく、採用される人数が少ないからです。
キングレコードも定期的な採用を行っていますが、下記のデータを見ても狭き門という事が分かります。
 
■キングレコード新卒採用実績
2017年4月 入社実績 6名(予定)
2016年4月 入社実績 6名
2015年4月 入社実績 7名
2014年4月 入社実績 6名
2013年4月 入社実績 9名
 
…少ないですね。
 
でも、諦める必要はありません。
レコード会社へ入社する方法は、いくつもあります。
その方法は、またこのブログでご紹介しましょう。

ちなみに、キングレコードと言えば、やはりAKB48。
そのAKB48のキングレコードのプロデューサーの方が、どのような学生生活を過ごしていたか掲載しているのが以下の記事です。
ぜひチェックしてみてください。