社畜だけど時々ライター、うっちー(32歳独身)のブログ

豊島区池袋在住、32歳独身サラリーマンのうっちーです。仕事、保険、音楽、読書について、気ままに書いています。

しつこい保険勧誘も断るな!元保険ライターが教える保険営業マン活用術

保険勧誘って、実際どうなのよ?

f:id:uchi33:20170424150742j:plain

皆さんは、今までに一度は保険の勧誘を受けたことがあるのではないでしょうか。
保険の営業マンは、成績が自分のお給料に即直結する性質から、営業スタイルもかなり熱心です。

その熱心さゆえに、世間では、保険に対してあまり良いイメージを持っている方も多くいるようです。
 
・何度も電話がかかってきて、しつこい勧誘を受けた!
・突然学生時代の友達から、ご飯食べようと誘われたら、保険の勧誘だった!
・保険営業の練習台になってと友達に言われたら、ガチの勧誘だった!
・お願いだから契約して!と言われた
 
…こういった話、全部本当です。
 
実際に私も保険会社で働いていたので、そういった営業マンがいることも理解していますし、決して良い事だとは思っていません。
私自身、保険会社に入る前も後も、何度か保険営業を受けてきましたが、不愉快な思いをしたこともあります。
これでは保険のイメージも悪くなるなぁと十分に理解できます。
 
でも、この保険営業マンという存在…決して悪いことばかりではないんです。
 
本当に優秀な保険営業マンがいて、お客様が本当に納得のいく保険プランを設計してくれる人もいます。
また、営業マンから加入した保険によって、実際に万が一の際の保障金額を受け取り、一家が救われたという方もいらっしゃいます。
 
しかし!
今回はそういった話ではありません。
 
保険契約をするかしないかなんてつまらない(?)話はさておき、
保険営業マンとのそもそもの出会いにメリットがある…というお話です。
 
そう、今回は、保険営業マンの活用術をご紹介しましょう!
偏見で保険の勧誘を断るのは、人生での大きな損失かもしれませんよ!?
 

保険営業マンの活用方法10

f:id:uchi33:20170501164827j:plain


1)社会人に必要な“お金の教養”を無料で学べちゃうよ!
人生においてどれだけお金がかかるか、ライフプランのシュミレーションができます。
結婚式にかかる費用、教育費、マイホーム購入、老後の費用…どれだけかかるかご存知ですか?
なかなか自分で普段考える機会はないですよね。
 
2)生保レディには、新卒や入社2、3年目のかわいい女の子もいるんだよ!
生保レディというと、おあばさんというイメージかもしれませんが、若い女の子もいますよ。
新卒や入社2、3年目の女の子が、一生懸命保険の話をしてくれます。
こっちが応援してあげたくなるくらいです。
私もレコード会社時代、自分の会社に若い女の子の生保レディを呼び、保険の話を聞いてあげていました。
かわいらしいので、仕事の合間の一息…という感じで癒されました(契約はしなかったけど)。
 
3)保険の営業マンは、合コンのセッティングをしてくれるんだよ!
保険の営業マンは、老若男女問わず、誰でも出会いを探しています。
そのため、知り合いを増やしやすい飲み会のセッティングなどを日常的に行っている方もいます。
特に若い保険営業マンは、サラリーマン、OLのニーズを捉え、素敵な出会いの場を提供してくれるかもしれません。
 
4)枕営業だってあるかもよ…(でも強要したら犯罪だからね!)
あなたがお金持ちだったら(もしくは、それ風に見えたら)、高額な契約を期待し、色々な接待をしてくれるかもしれません。
大口契約を得られるかもしれない相手に、特別待遇をするのは、サラリーマンなら普通の話です。
もしくは、今月どうしても1件は契約しゃなくちゃいけないと瀕死の営業マンもいます。
なんとかしてでも契約しなければ…と、あの手この手を使ってくれるかもしれません。
若い年齢のうちは月2、3千円の保険商品もありますから、それくらいの投資で、枕営業的なことをしてくれるなら願ったり?

f:id:uchi33:20170411224512j:plain

…って話がゲスくなってしまいました。
真面目な話に戻しましょう。
 
5)営業のテクニック、学べちゃうよ!
保険の営業マンは、本を読んだり、研修やセミナー、勉強会に参加するなど、積極的にセールスを学んでいる人が多くいます。
生命保険は、営業をするのが最も難しい商品と言われているくらいです。
人の生命に関わる部分ですから、それもそのはずですね。
人から信頼を受けなければ続けていくことができない仕事ですから、清潔感やマナーや心配りも一流な人がたくさんいます。
ぜひ、そういった視点で保険営業を受けてみてください。
学びや、逆に反面教師にすることができるのです。
 
6)保険営業マンの人脈、あなたのビジネスにも活用しちゃいなよ!
保険の営業マンは、人脈が広いです。
その人脈を武器に、仕事で困っている人に、自分のお客さんや知り合いを紹介したりして、その見返りに保険契約を得るということもあります。
もしあなたの仕事の中で、“こんな人と知り合いになりたい”“この会社のこの担当の人と繋がりたい”…と思ったら、保険営業マンに相談するのも1つの手です。
 
7)逆に、保険の営業マンに、自分の会社の商品を買ってもらっちゃいなよ!
保険営業マンは、営業協力も得意です。
“買ってよ~”なんて、なかなか取引先には言えないかもしれませんが、保険の営業マンを頼れば、誰かを紹介してくれるかもしれません。
むしろ、保険の営業マンがあなたの会社の商品を買ってくれるかもしれません。
ただし、保険契約を条件にw
 
8)年収数千万円の超一流ビジネスマンに、会ってみたくない?
保険営業マンの中には、年収2~4千万円のスーパー営業マンが意外と多くいます。
その人たちは、決して枕営業をしたり、“お願い!”なんて言うことはありません。
むしろ、あなたから買いたい!と思わせるような、本当にすごいビジネスマンです。
ただのサラリーマンで、それだけ稼いでる職業って、なかなか出会えませんよね。
そういった人たちのオーラがどういうものか、どんな営業をするのか、ぜひ一度見てみたくはありませんか?
 
9)自分自身が、年収数千万円のビジネスマンになっちゃうかもよ?
年収数千万の保険営業、つまりライフプランナーと言われている人たちは、基本的にスカウトです。
保険会社で新卒で入った方たちではありません。
また、保険契約だけでなく、採用に値する人を自分の会社に紹介すれば、それはそれでメリットがあるのです。
つまり、あなたが本気で営業で稼ぎたいという気持ちがあれば、保険営業マンに相談して、その保険会社に採用されるということも可能性としてあります。
そうすれば、あなたも一流のライフプランナーになれるかも。
 
10)保険営業マンとの出会いが、一生の出会いになることだって…あるんだよ
ここまで色々とメリットを紹介してきましたが、個人的に好きなのは、保険営業から「結婚」に発展したというパターンです。
なんだか、ハッピーですよね。
また、ビジネスマンとして互いの人脈の交換や営業協力をすることで、仕事のベストパートナーに発展する可能性だってあります。
ただの保険営業が、一生の出会いに発展する可能性だってあるんですよ。
 

f:id:uchi33:20170417222123j:plain

 
いかがでしょうか?
 
たった30分や1時間程度で、このようなメリットを提供してもらえる可能性があるなら安いものではないでしょうか?
 
保険勧誘はたしかにつまらない話や、不愉快な思いをする可能性もありますが、
それよりも大切なものを得られる可能性の方が高いと、元保険ライターの私は思います。
もちろん、保険営業マンのすべてがこのようなメリットを提供してくれるという訳ではありません。
 
中には、どうしようもない営業マンもいるかもしれません。
しかし、紹介したこれらのメリットは、すべて実話です。
 

いずれは加入するであろう生命保険。
日本人の9割が、生命保険に加入していると言われています。(自動車保険や火災保険は、ゼッタイ必須だが)
 
たまには営業マンから保険の話を聞いてみてもよいのではないでしょうか?