社畜だけど時々ライター、うっちー(32歳独身)のブログ

豊島区池袋在住、32歳独身サラリーマンのうっちーです。仕事、保険、音楽、読書について、気ままに書いています。

モテる!パワーポイント上達術 ~第1回 パワポのすすめ ~

企画書作成やパワーポイントに関する知識やテクニックを紹介していきます!パワポをマスターして、モテるビジネスマンを目指しましょう!

今回は、パワポスキルを若いうちから身に着けるべきメリットについて語りたいと思います。

f:id:uchi33:20170417221846j:plain

 

「お前、企画書のセンスないな」って言われたんだが

f:id:uchi33:20170417221826j:plain

 

上司から企画書作成を頼まれたけど、思うような資料が作れず苦労した経験はありませんか?
 
・家にデータを持ち帰り、徹夜でパワポと格闘した…
・徹夜して企画書を作ったのに、上司から“センスがない”と言われた…
・「センスがない」と言われた挙句、結局、自分の作った企画書はプレゼンに使われなかった…
 
若手の社会人なら、書類作成やパワーポイントのスキルが及ばず、苦労したり、悔しい思いをした経験が誰にでも一度はあるのではないでしょうか?
企画書作成やパワーポイントのスキルは、一朝一夕にして身に着けられるものではありません。
 
そもそも自分に依頼をしている上司ですらパワーポイントが使えないなんて事も、決して珍しい話ではありません。
上司ができないくせに、「ちょっと違うんだよなぁ」「もっとこうしてくれよ」といつもケチばかりつけられるものだから余計に腹が立ちますよね。
憂鬱な企画書作成は、できる事ならワードやエクセルに留めてパワポの使用を避けるか、得意な人に丸投げしたいものです。
 
しかし、誰もが持っているスキルではないからこそ、そこにチャンスがある事を忘れてはいけません。
 

なぜパワーポイントが使えると、モテるのか?

f:id:uchi33:20170417222123j:plain

“パワーポイントを使えると、モテる”

↑これ、本当です。
 
誰にモテるか?
 
まずは、ズバリ「上司」にモテます。
資料作成が苦手で面倒くさがりな上司は、パワポが得意なあなたに、目を輝かせてすり寄ってくる事でしょう。
パワポマスターのあなたがいれば、上司はいつでもキレイな資料を社内の部長や社長に見せる事ができるので、きっとあなたを見捨てはしないでしょう。
信頼を積み重ねる事で、重要なプロジェクトにだって入れてもらえるかもしれません。
 
もちろん「同僚」にもモテます。
パワポを自由に使いこなすあなたを見て、同期はもちろん先輩たちも、あなたに嫉妬をします。
嫉妬を抱かせれば、勝ちです。
あなたのスキルを本当に称賛してくれる仲間か、あなたのスキルをただ一時的に利用したいために近づいてきているだけの人間か…そんな人間観察もできてしまいます。
 
そして「女子」にもモテます。
“パワポの使い方、よく分かんな~い”…そんな風に困っている同僚の女の子のもとへ、駆けつけてあげましょう。
あなたのパワポのテクニックを示す事ができれば、たちまちあなたは女子社員から尊敬の眼差しで見られるでしょう。
もちろん、操作の仕方を教えた後は、颯爽とすぐにあなたの持ち場に戻りましょう。
その、あなたの後ろ姿に、女子の視線が注がれている事を想像しながら…。
 
いかがでしょうか?
 
パワポ…
いや、気安く愛称で呼ぶのも失礼かもしれませんね。
このツールによって生み出された企画が、あなたの会社、お客様、そしてのあなたの人生をも大きく左右するかもしれません。
パワーポイントは、あなたの人生をより充実したモノに変える強力な武器になり得るのです。
 
 
今後は、このブログ内で、パワーポイントに関するテクニックや豆知識を紹介していきたいと思います!
 
では、今日はここまで。

f:id:uchi33:20170417222514j:plain